カエルのマークが目印の笑顔になれる歯科医院
カエルのマークが目印の笑顔になれる歯科医院

むし歯・歯周病・小児歯科

なるべく痛くない治療

歯科医院として大前提のことではありますが、当院ではできるだけ患者さんが痛みを感じないような治療を心がけています。

痛みを伴う施術の場合は、麻酔を使用しています。当院は自動式の麻酔器を用いることで、正確かつスピーディに麻酔が行えるよう配慮しています。

また、心理的な部分から来る痛みにも気を配っています。歯科医院の薬っぽいにおいが嫌だという人、多いですよね。心理的な痛みや恐怖を軽減させるため、当院では薬品類を密閉しておき、においが漂わないようにしています。さらにアロマを炊くことによってリラックしたムードで治療を受けられる工夫を凝らしています。

治療室を開放的で落ち着ける空間にしているのも、患者さんが過度に緊張して痛みを感じてしまうことを避けるためです。

なるべく抜かない治療

自分の歯をできるだけ残しておきたい。患者さんの切なる願いを叶えるため、ご自身の歯をできるだけ残せるような手段を考えて治療にあたります。

歯周病の怖さ

口の中のばい菌が体全体に悪影響を及ぼす、という話を耳にしたことがあるかもしれません。これは歯の周りに残った食べかすが原因でばい菌が繁殖し、歯肉をむしばんで体内へと侵入してくることで引き起こされます。

歯周病という響きだけですと口の中の病気と思われがちですが、放置し続けると命に関わる病気へと発展するケースもあり危険です。心臓病や動脈硬化といった重病も報告されています。

このような全身疾患を予防するために、口内のケアは定期的に行うようにしましょう。日常のブラッシングだけではまかないきれない部分のお手入れを実施してしまいますので、いつでもご相談ください。

子どもの治療で力を入れていること

小児歯科によっては保護ネットを使ってガチガチにお子さまを固定して治療する医院もあるそうですが、当院ではそのような無理強いした治療は行いません。
幸いなことに、これまでそのように痛がったり暴れたりするお子さまが来院されたことはありません。「土地柄なのかな?」と思うこともありますが、もしかすると歯科医のようには見えない院内の雰囲気作りが功を奏しているのかもしれません。

当院ではプレイルームを設置し、おもちゃの充実した遊べるスペースがあります。またいい子で治療を頑張ったお子さまにはガチャガチャのご褒美も用意しています。スタッフも優しく接するので怖さを抱くことは決してありません。

拘束されて無理やり口の中をいじられると、それがトラウマとなり大人になっても歯科医院へ通うことを拒むようになってしまいます。そうならないよう、「歯医者さんは遊べて楽しいところだ」と思ってくれるような環境づくりをこれからも徹底して参ります。

これまで他院の治療でお子さまが暴れてお困りだった方も、ぜひ一度当院をご利用ください。

メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら
予約はこちら アクセス情報はこちら
STAFF BLOG 症例のご紹介
インプラント