カエルのマークが目印の笑顔になれる歯科医院
カエルのマークが目印の笑顔になれる歯科医院

予防歯科

予防歯科の重要性

むし歯は放っておいても治ることはありません。放置すればするほど、規模は増大し感じる痛みも大きくなっていきます。
歯周病も同じく放っておくと危険です。口から体全体へと菌が感染し、重大な疾患を引き起こすことになってしまいます。

いずれにしても、症状が悪化していると治療期間は長引いてしまい、その分コストもかかってしまい、患者さんのデメリットが増えてしまう一方です。
そうなってしまう前の予防歯科が、患者さんへの負担を最も軽くすることができます。

柴山歯科が考える予防歯科のメリット

むし歯やインプラントといった歯の治療法というのは、結局は本物の歯の代わりに別の人工的なものを入れているに過ぎません。歯に自然治癒力はなく、一度削ってしまったり、抜いてしまったら、二度と戻ってくることはないのです。

最も理想としている歯の治療はこの予防歯科。むし歯や歯周病、抜歯に至ってしまう前段階を重視し、患者さんの口内の健康を長く維持する方法を提案します。

もしなってしまったとしても、他の歯が同じ運命をたどることのないよう、患者さん個々と向き合うことで、予防法を考えていくように努めています。

今すぐできる2つの予防

予防には大きく2つあります。1つは歯科医院で行う予防。例えば歯周病検査でしたら、出血の有無や歯周ポケットの掃除、歯がグラグラしていないかなどのチェックを行います。さらに患者さんの食生活をヒアリングし、むし歯や歯周病の根本の原因を絶つ習慣改善を提案します。

以上の歯科医院予防を踏まえた上での、2つ目の予防が、患者さんが普段の生活で実践していただく予防です。

間食を控えたり、おやつの時間をきっちり決めたり、食生活を変えていくことで口内の健康が保たれます。また当院でブラッシングの指導もしていますので、正しい歯磨きを習慣づけることもできます。化学薬品を使った口内の清掃も推奨しています。

お子さまの予防治療で大切なこと

繰り返しますが、むし歯になってしまったら二度と同じ歯は戻ってきません。
治療を始めること、それはすなわち歯の寿命を削っていることと考えて、それよりも一歩手前である予防に努めていくことが肝心です。

お子さまの場合ですとご自身で行える予防には限りがあり、お父さまお母さまのサポートは必須となってきます。子どものときから食事をする時間を守るようにして、間食をだらだらと食べてしまうような癖を付けないようにすることが大事な予防となってきます。

顎を鍛えてむし歯予防

また口内の健康に大きく関わってくるのが歯並びです。歯の並びが悪いとむし歯になりやすくなったり、口呼吸(こうこきゅう)といって無意識に口が開いた状態になってしまいます。

こうならないよう、お子さまのためお父さまお母さまに配慮していただきたいのが顎筋肉の発達です。

顎を鍛えればきれいな歯並びを形成することができるので、なるべく固いものを食べさせるようにしましょう。細やかな気配りが、お子さまの将来の口内健康を高めることができます。他にも様々な予防法がありますので、当院へ足を運ばれた際は何でもお尋ねください。

メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら
予約はこちら アクセス情報はこちら
STAFF BLOG 症例のご紹介
インプラント